将来を見据えた買い物をしていたら

私は旦那の両親と同居しています。

義父が数年前に生死をさまようような大病をしまして、一命は取り留め現在は自宅でのんびり過ごしていますが、のんびり過ごし過ぎた結果なのかアルツハイマー病と診断されるようになりました。

いままでは通院なども自分一人で車を運転していっていましたが、今年に入ってからは様子もおかしいし、病気のせいで生活に不自由もあり介護が若干必要な状態もありましたので、車を運転させたくはなかったのです。しかし本人は乗ると言い張って仕方なかったのですが、ついにアルツハイマー病と診断されて義母と主人で説得して車を売ることにしました。

昨今、高齢者や痴呆が関連した事故のニュースが多いのも要因のひとつです。あれば便利ですが健康とはいえない状態では運転させれませんから。

 

で、ここ数日いろいろなところに車を売るための見積もりを出してもらっていました。車は義父が病気をした後にちょっと元気になったのもあって自分で通院するしとキャッシュで買ったものです。なのでローンなどもないし年数もまだ3,4年くらいであまり乗ってもいません。

なのでどこも思っていた以上の値段にはしてもらえてましたが、その中でも某社が120万円という値段でどこよりも高かったのですぐに決めました。予想を超える値段でしたのでよかったと思います。

ただ店員さんに「車の色が黄色だからこの値段ですが、白か黒なら150万出してました」って言われました。やはり人気がある色や無難な色というのは中古でも買われやすいので買取金額も高いんだそうです。なんで黄色にしたんだ…ってちょっと思ってしまいましたね。将来売ることを考えた色にしてたら…。

でも1つ勉強にはなりました。車など、乗り潰す気でいても今回のように売るようなことがあるかもしれないものは、そのことを見据えた色にしたほうがいいということです。義父だって売ることはないと思っていたので好きな色にしたのかもしれませんが、こればっかりはわかりませんからね。

%e4%b8%ad%e5%8f%a4%e8%bb%8a%ef%bc%91