お金がないを口癖にしたくない

私の母は「お金がない」が口癖の人でした。何をするにもお金がないといいます。確かに、うちは裕福ではなかったし、両親は借金もありました。

それでも普通に学校に通わせてもらいましたし、食べるものも着るものも並の生活を送ってきました。旅行とはあんまりなかったし家族ででかけることもなかったけど、父親はずっと仕事してたしそんなものだと思っていました。

お小遣いは少なかったのですが、高校の時は部活にかかりきりだったのでバイトはしていませんでした。卒業してからは専門学校へ進学しましたが、その時にようやくバイトをはじめました。

学校とバイトを行き来するような生活で、1ヶ月に稼いだバイト代は当時の自分にはちょっとびっくりするくらいでした。まだ学生でしたし、このお金全部私が使っていいの?という感じで、洋服を買ったりなんだりと結構使いました。貯金って言葉はあまり頭になかったです…。

それからちゃんと働き始めると余計にお金を使うようになりました。家にはもちろんいくらか入れてましたが、貯金というものを経験してこなかったから、もらったお給料はほぼ使っていいものだと思っていたのです。遊びにでかけたり買い物したり結構浪費していました。

しかし、ある日、病気になってしまい会社をやめなければいけなくなりました。しばらく養生することになりました。保険とか色々ありましたけど、1年近く働いてないで食べていける状態だと働こうって意思が薄れてきます。でもそのくせ浪費癖がついてしまってるのが抜けなかったんです。病気が良くなってきたし、1日暇だしでお金はよく使いました。そして、貯蓄も収入もないのに使うので、だんだんとひもじくなっていき、ついにはクレジットカードの返済が厳しくなるほどになりました。

1210195top

その頃にはもう私は「お金がない」と母と同じ口癖を言っていました。それに気がついた時は驚愕でした。親のようにはならないと思っていたのに同じだと。

お金は今使うことと将来を見据えて貯めることと、どちらも大事で、無駄に使うのはやめとうと誓った瞬間でした。