お金がないなりに暮らしている

私はあまり収入がありません。しかし、それでもやりたい仕事をしているので文句はあまり言いたくありません。もちろん、この仕事でもう少しお給料がよければ…と思うことはありますが、自分で望んで就いた仕事なので多少の薄給は我慢しようと思っています。仕事はやりがいがあるし、楽しいので、薄給でも忙しくても、他の仕事をいまは考えていません。

ただ、やはり貯蓄があまりできないというのは不安に思うこともあります。

一人暮らしですので生活費だけで給料のほとんどを使ってしまうので、おそらく、同年代の同性からしたら貯蓄額は鼻で笑われるくらいにしかないと思います。

その中でも、それなりにマシな生活はしていると思います。そうであるように工夫をしています。

普段着や化粧品なんかはプチプラが基本です。ネット通販で安い服を買うのは半ば趣味のようになっています。友人たちが、マルイや伊勢丹で毎シーズン何着も洋服を買っている話をよくしていますが、比べてしまったら確かに私は服をあまり買わないし買ってもプチプラですが、着たきりスズメのボロボロな格好ではありません。それなりにおしゃれは楽しんでいます。

外食をしたり飲みにでかけたりも少ないかもしれませんが、その分無駄に料理は上手になりました。つくるのは好きですし、栄養とか食材費を考えて買い物したりつくったりするのも楽しんでやっています。

人と比べてしまったら確かに良い生活というか、一般的なお金の使い方もでkない生活かもしれません。でも、それに不満がないなら、誰にも笑われたり文句を言われたりする筋合いはないと思います。

ただ、たまに本当にキツイ時はキャッシングを頼るという時もあります。出費が多くて給料日前に生活費が底をついてしまいそうって時もありました。そういう時はスマホでそっと借りて給料日がきたらサッと返すなんてこともします。誰か友人か家族に借りるよりもずっと気楽にやり過ごせますからね。

org_img_4