コンビニのポイントカードが馬鹿にならない

私の職場の周りにはローソン、セブン-イレブン、ファミリーマートとコンビニが3つもあり、お昼ごはんはいつもそのどれかで買っています。

ローソンではポンタカード、セブンではナナコカード、ファミリーマートではファミマカードとありますが、私も買い物をする時は使っています。

ポンタカードは完全にポイントが貯まるだけではありますが、ローソンの店員さんは端数はポイントで支払いますか?とよく言ってくれるのでありがたいですね。小銭がない時も助かります。ローソンのうちカフェスイーツは好きなのでよく行きます。

セブンはナナコカードにチャージして支払いをしますが、基本的にご飯はセブンでばかり買うのでポイントもたまるので使わない手はないと思っています。毎日のように行っていると結構ポイントも貯まるものですね。

nanacocard

節約したいならお弁当とか作るべきなんでしょうがなかなか手が回らないので実践できていません。。

ファミマのカード自体は持っていないのですが、Tポイントが貯まるカードがあるのでそれを提示しています。

ポイントを効率よくためるには1つのコンビニを集中的に利用したほうがいいのかもしれませんが、それぞれのコンビニに特色があるので選べません。結果、全部のポイントカード必須になっちゃうんですよねぇ。でもせっかく貯まってそこそこ恩恵も受けられてるからいいかなって思います。

特にTポイントカードは別のところで貯めたり使ったりができるので一番たまりやすいかもしれませんね。私は本を読むのが好きでよく電子書籍も利用するのですが、利用している電子書籍のサイトではTポイントが使えるのでたまったポイントで本を買ったりもしています。

提携先が多いという点ではありがたいところでもあります。

ポイントで一番貯めたり使ったりしているのは楽天ポイントですけどね。楽天カードを持っているので買い物も公共料金の支払もカードを使うとすごい貯まるので助かります。1万円ぐらい値引きとかあると大きな買い物も通販しやすくていいです。

 

望んでない妊娠をしてしまった時…

望んでいない妊娠をしてしまったという人は多くはありませんが、少なくもないと思います。

多くの人は望んで妊娠をし、出産をしているでしょうし、避妊や出産の計画を立てるものです。しかし、性の知識が乏しく妊娠させてしまった&してしまったり、望んでもない性交渉の末にできてしまったということもあるでしょう。

産みたくないのに妊娠してしまった場合、中絶ができます。国の法律でも定められていることで違法なことではありません。(ある程度育ってしまうと中絶できなくなりますが)

しかし、中絶というのはお金がかかるものです。妊娠12週目までなら10万円ほどでしょうか。それ以上育つともっとかかります。

世の中には、妊娠してしまったことを誰にも話せなくてまして堕ろすなんてもっと言えなくて、でもお金がなくて誰にも頼れないという人もいます。病院にも行かずに育ってしまい、ひとりでこっそり産み捨ててしまったがために死体遺棄事件として逮捕されてしまう人もいます。

そうなる前に、お金を借りてでも中絶をした方が健康にも影響が残りにくいものです。

赤ちゃんおろす費用が払えない

 

自分一人が生活がやっとなのに子供を育てられないという理由もありますね。

本来、よほど暴行を受けたとかでなければ妊娠したくないならきちんと避妊すべきである問題ではありますが、快楽に負けたり男性に抗えなかったりという理由もあるでしょう。

お金を借りるということは悪いことではありません。育てられないのに産むほうがよほど辛いです。親も子供も。借金は少しづつ返済すればなくなりますが、生まれた子供はいなくなりませんしお金もかかります。

もちろん、ひとりで産んでも絶対に育て上げるという自信があるなら産むべきです。その方が自身の健康も子供のためにもなりますから。

ただ、産みたくもないのに産んでしまって最悪な結末を迎える前に、中絶という方法もあるのだと心の隅にとどめておいて欲しいと思います。

0IKPd4

馬鹿にならない500円貯金

ここ最近、500円玉貯金をしています。
お財布の中に500円玉があったら貯金箱に入れる程度ですが、だんだんと意識的に500円玉を作るようにしたり、使わずにとっておいたりするようになりました。そうするとちょっと無駄遣いも減ったりして節約にもなったりするんですよ。
それに、500円玉ってばかにならない金額がたまるんです!4枚集まるだけで2000円ですからね。気が付くと2万3万くらいは必死にならなくても溜まっていたりします。10万円貯めるとか大きな目標があるわけではないのですが、気が付くとたくさん溜まっているので、何か欲しいものが出来た時に貯金箱をあけて足しにしたりしているんです。
家でお財布をあけるということも増えたので、以前はお財布に溜まりっぱなしだったレシートを出したりすることも増えましたね。レシートとか余計なものがお財布にたまっているのって金運が下がるっていうのでいい効果です。お財布の中の残金も確認できるのでこちらも無駄遣いであったりお金が足りない!ということの防止になっています。
通帳とかもそうだけど、目に見えてお金が増えていくっていうのってちょっと楽しいですよね。貯金箱はいくらたまっているっていう確かな金額はわからないけど重みがすごくなってたりするし。
カードとかで買ってから返済するっていうのもいいけど、今すぐ欲しい!じゃなければきちんと貯めてから買うっていうのもいいものだなぁと最近思うのです。使っちゃった~減っちゃった~また貯めようっていう感じもなりますし。
貯める間に欲しくなくなっていたならそれだけのことだったと思って、また別のものに使うことができますからね。貯金というものは良いことだらけです。
突然の出費があった時、すぐに借りることができる世の中ですけど、手元にお金があればそれでまかなえてしまえるならそれにこしたことありませんからね~。
こらからもちまちまと貯金続けていこうと思います。
large

最近とってもお金がありません

最近、とってもお金がありません。

旦那の給料が減ってしまったからです。仕事で失敗をやらかしてしまって、数ヶ月のあいだ減給という形になってしまったのです。やってしまったことは仕方ありません。それを責めることはしませんし、給料が減ってしまったことも責めるつもりはありません。

しかし、怒りたいのは給料が減っているというのにお金を使い方が変わらないことです。そこだけはちょっと考えて欲しいと思っています。

こっちは生活費を切り詰めて乗り切ろうとしているのに、余計なものは買ってくるしゴルフにも行くしちょっと協力してくれないの!?ってなってしまいます。

私は趣味も我慢して家族のためにご飯の質を下げないようにがんばろうとしていたりするんですけどね…。あまり言って喧嘩になってしまっても子どもたちに悪いと思うので、子供のいないところでかるーく言ってみたりはするのですが…。

どうやら旦那は貯蓄があるだろっていう考えらしいのです。数ヶ月の間ですからね、確かに貯蓄はありますからいきなり貧乏!っていうわけではありません。しかし、そういう問題ではないっていうのが私の考えなんですけど…。

貯蓄は何かあった時のためというのもありますけど、いずれマイホームを買うための頭金のためにがんばってためているものでもあります。それをゴルフだなんだって出かけられるのって嫌です。

なので私がその穴埋めに自分のおこづかいをなくしているのですが・・・

自由にできるお金がないって余裕がなくなりますね。ちょっと欲しい雑誌が買えない、ちょっと良いご飯が食べれない。これができないってだけで惨めな気持ちになったりします。

お金って人の心にダイレクトに影響を与えてくるものなのですね。実感しました。

あんまりにもストレスが溜まりそうだったら、ほんのすこしくらいは貯蓄に手をだしてもいいかchokai_07なって思っています。こういう時のために自分のへそくりを作るのもありかなぁと思いました。

 

破産したことがあるセレブ

セレブっていうと派手なお金持ちっていうイメージですが、現在セレブっていうイメージの人も破産経験があったりします。

例えば、現在アメリカ合衆国の大統領選挙の予備選挙をやっていて、過激な発言で世界中から注目を集めているトランプ氏。不動産王と呼ばれ、自分の後継者をテレビ番組を通して選ぶというのがうけて人気番組になり、知名度もかなりできたとか。

そんな彼も過去に4度も破産しているそうです。1回めの破産は離婚した妻への慰謝料と投資の失敗が原因だそうで、9億ドルとか…。意味がわかりませんよね、その時のドル相場にもよるでしょうけど、1ドル=100円としても900億円も負債があったということです。

額が違うでしょうが、4回も破産経験がありながら立ち直り、大統領選挙へ関わってきているというのがすごいです。負債ができたところで腐らないで商売してるっていうのはたくましい精神だなって思いました。

エルトン・ジョンも浪費家で有名ですよね。超稼いでいたことは事実ですが、超高額な買い物をやめることができず、毎月3000万円もカードの支払いがあったとか…。何をそんなに買うものがあるのかも気になりますが、結局破産申請するはめになっているのですから一度着いた浪費癖っていうのはなかなか治らないものなんですねぇ。いまは80億円ほどにまで資産が復活しているそうです。それも同性のパートナーと生活が落ち着いて、彼が手助けしているということです。

2016_EltonJohn_GettyImages-76525260_070316

自分でしっかり管理できない人は、きちっとしているパートナーがいるっていうのはかなり心強いものですね。

手助けしてくれる人とそれを蔑ろにしない気持ち、そして借金ができてしまってもそれに負けないという精神力というものがある人は、破産することがあっても復活するということです。

お金がないからといって自暴自棄になったり、もうどうしようもないっていう気持ちでいたら復活できるチャンスも逃してしまいますね。心に留めておこうと思いました。

 

 

子どもの習い事にどこまでかけられるか

先日、テレビを見ていたら子どもの習い事にいくらかけられるかという話題がありました。

子どもがやりたいという習い事をさせてあげたいけど、全部やるとなるとさすがにちょっと家計が厳しい…。

k4LMGQltad3bMiY_9542

これはこうするべきっていう結論がないだけに難しい問題ですよね。私は、親がなんでもやらせてくれるタイプでしたので、自分の子どもにもあれダメコレダメ言いたくないです。その分頑張って母ちゃん働くよ!ってなるんですね。もちろん、私は習っていたこと全部が今の自分の役に立っているかといえば直接的に役にはたってないです。良い経験したな~くらいです。自分の子どももそうかもしれません。でも、それでもいいと思っています。興味のあることはなんでも1回はやってみればいいじゃないと。やる前からアンタには向いてないわよって決めつけるのってすごい嫌だなって思うから。

もちろん、どうしても払えない様なものを買わされるとか月謝高いとか、こちらが付き添って遠くまで習いに行かないといけないっていう問題がでてきて、お金も時間も厳しいとなると、ちゃんと子どもとお話をして理由を説明してごめんねっていうことはあると思います。

こどもの習い事にかけるお金は惜しみたくない!が私の考え。

ただ、テレビを見てるとやはりいろんな意見があります。子どもの習い事にそんなにかける必要なないとか、無駄だと思うものまで習わせる必要はどこに?とか。この辺はやっぱり人それぞれですよね。

一番気になったのは、習わせごと貧乏で大学に行かれなかったっていうもの。習い事のお金が多く、大学費用が貯められなかったので、大学を諦めてもらったっていう話です。

私大はほんとにお金がかかりますからね、親は子どもが大学に行きたいっていう時に国立しかダメ、奨学金でしかダメなんていうようじゃ…っていうので学資保険なんかもあるくらいですから。その時がくるかもしれないで積立している人もいるはずです。

それを考えると、習い事をなんでもさせるよりある程度にして、大学費用に積立たり学資保険に入ったりするほうがいいような気もしました。

 

使わなければお金は貯まるけど

昔に比べて遊びに出かけることが少なくなりました。

友達とご飯に行くのも、遊びに行くのも、遊園地に行ったりライブに行ったりというのがとても減りました。日常生活だけですと普段着だけで過ごせてしまうので洋服を色々買うこともなくなりました。

趣味らしい趣味といえば本を読んだり映画を見ることくらい。それもすごくたくさんってわけではないので、電子書籍で安くなっているのとか図書館で借りてきたのを読んだり、家がWOWOWに加入しているので映画は選ばなければいつでもなんでも見れるような状態です。最近はオンデマンド配信もありますし。

正直、ちょっと引きこもりがちといってもいいかもしれません。もちろん毎日のように朝から晩まで仕事はしています。同じ年頃の働いている女性と比べたらそんなに多い給料ではありませんが、生活に困るような薄給というわけでもありません。

お金を使うところが少なくなったら、面白いくらいに貯金が増えていくのです。通帳を見ては、昔の私はかなりお金を使って遊んでいたんだなぁとしみじみしてしまいました。

しかし、私はそれを悪いことだとは思っていません。

確かに貯蓄らしいものは全然ありませんでした。それは将来を考えたらあまりよくないかもしれませんが、お金を使って遊んだ分、私の様々な経験になっているのです。無駄遣いをしてきたとはまったく思っていません。

むしろ、いま貯蓄はあるけれど、家でごろごろしていることが多い分、経験値というものは自分にはあまり入ってこないのです。やはり、人は自分で見て聴いて食べてと経験したものこそ自分の良さに繋がっていくと私は思っています。それが減ってしまっているのは良くないのではと感じています。

せっかくちょっと貯金に余裕があることだし、今年は何泊か旅行をして自分の経験値を貯めてこようと思います。海外でもいいし、国内にあちこちでかけるのでもいいかな。行ったことないところがいいですよね。

_7onfKMU

お金がないを口癖にしたくない

私の母は「お金がない」が口癖の人でした。何をするにもお金がないといいます。確かに、うちは裕福ではなかったし、両親は借金もありました。

それでも普通に学校に通わせてもらいましたし、食べるものも着るものも並の生活を送ってきました。旅行とはあんまりなかったし家族ででかけることもなかったけど、父親はずっと仕事してたしそんなものだと思っていました。

お小遣いは少なかったのですが、高校の時は部活にかかりきりだったのでバイトはしていませんでした。卒業してからは専門学校へ進学しましたが、その時にようやくバイトをはじめました。

学校とバイトを行き来するような生活で、1ヶ月に稼いだバイト代は当時の自分にはちょっとびっくりするくらいでした。まだ学生でしたし、このお金全部私が使っていいの?という感じで、洋服を買ったりなんだりと結構使いました。貯金って言葉はあまり頭になかったです…。

それからちゃんと働き始めると余計にお金を使うようになりました。家にはもちろんいくらか入れてましたが、貯金というものを経験してこなかったから、もらったお給料はほぼ使っていいものだと思っていたのです。遊びにでかけたり買い物したり結構浪費していました。

しかし、ある日、病気になってしまい会社をやめなければいけなくなりました。しばらく養生することになりました。保険とか色々ありましたけど、1年近く働いてないで食べていける状態だと働こうって意思が薄れてきます。でもそのくせ浪費癖がついてしまってるのが抜けなかったんです。病気が良くなってきたし、1日暇だしでお金はよく使いました。そして、貯蓄も収入もないのに使うので、だんだんとひもじくなっていき、ついにはクレジットカードの返済が厳しくなるほどになりました。

1210195top

その頃にはもう私は「お金がない」と母と同じ口癖を言っていました。それに気がついた時は驚愕でした。親のようにはならないと思っていたのに同じだと。

お金は今使うことと将来を見据えて貯めることと、どちらも大事で、無駄に使うのはやめとうと誓った瞬間でした。

 

カードの審査に落ちたという話

友人が、クレジットカードの審査に落ちたという話をサラっとしてきてちょっとびっくりしました。

カードの審査に落ちる話ってあまり周りで聞いたことがないからです。どうしてなのかは友達は教えてくれなかったのですが、後から別の友人からちょっと聞いた話だと、借金が前にあったりしたようなのでそこで返済に何かあったりしたのかもしれません。確証はありませんが…。仕事が長続きする人じゃないからそれもあるのかも?

 

友人が申し込みしたのはイオンのカードだったそうです。正直、それにもびっくりです。イオンとか買い物にいくといつもカードの申し込みしませんかってお姉さん立ってるし、勧誘までしてるから、わりと誰でもつくれるものだと思っていました。

違うのかなぁと思ってちょっと気になって調べたら、そうでもないんですね。

http://イオンカード審査落ちた.com/

 

card-056

 

銀行などに比べたら審査は厳しくないみたいですけど、それでもやっぱり審査が一番緩いっていうわけではないみたいです。知りませんでした。

あと、アコムマスターカードがキャッシングに使うものだと思っていたのが違っていたことです。キャッシング枠を付けずに、ショッピングカードとしてつくれるんですって。しかも、イオンカードや楽天カードなどよりも審査が柔軟なんだそうです。これは知らなかったので良いことを知れました。

 

友人の家の側にはイオンがあるので、日々の買い物にイオンを使っているから、たぶんイオンカードに申し込みをしたんだと思います。確かに、その方がポイントだったり優待だったりお得ですものね。でも作れなかったし、それでもクレジットカードが欲しいと思っているようなら、このカードのことを教えてあげようと思います。

しかも、他のクレジットカードを作ると、審査に落ちたカードもまた審査が通ることがあるかもしれないっていうんだから、作ってみて損はないかもですね~

来週、友人たちとご飯の約束をしているのえコソッとお話してみます。

 

生活費をクレジットカードで払っている

私は、支払いの多くをクレジットカードでしています。光熱費から通信費、食費といった生活費です。

1枚のクレジットカードをそういう毎月必ず支払うもの専用のように使っています。同じお金を支払うのであれば、クレジットカードを使った方がポイントが貯まるのです。

ここ数年は、溜まったポイントで通販で洋服を買ったりしています。月末に支払いが大きくなって大変なんじゃないの?って思われるけど、必要以外の現金は口座に入れたまま持ち歩くこともあまりしません。どうしても必要なら手数料がかかったとしてもコンビニでおろせますしね。なので、給料を口座に入れる→月末に引き落としがあるの繰り返しなだけなので特に大変ではありません。

むしろ、あまり現金を持ち歩かないことで無駄にちまちまと使うことが減りました。元々、ちょっと浪費癖というかお財布にあるだけ使うことがあったので、現金を持ち歩くのはやめたかったんです。何百円というような小さな金額だとカードを使う気にもならないから、じゃあ買わなくていいかってなるし、そう思うものは本当に欲しいものではないですからね。

無駄使いも減らせて、ポイントで洋服や本も買えて、ここ2年ぐらいの私はかなり賢いお金の使い方をできていると思うのです。あと、クレジットカードだと、いつどこでいくら使ったのかっていうのが、ネットで見れたりするじゃないですか。最近では携帯のアプリでも利用明細を見れたりするので、家計簿をつけるのにも楽です。

クレジットカードばかり使っているっていうとなんだか良くないイメージを持たれることがあったりします。でも、今の時代、クレジットカードを1回も持ったことがないとか使ったことがないと、万が一消費者金融でお金を借りたい!となった時に審査が不利になったりすることもあるみたいです。現金主義の人は信用情報がまったくないから、というのが理由みたいです。

カードを使いすぎて借金を作ってしまったら大変だけど、賢い使い方をしたらかなり生活の味方になってくれます♪

10020235534